メスを使わず顔のたるみを解消できる「サーマクール」

コラーゲンの生成を促し肌内部からケアを行う手法

メスを使わないフェイスリフトともよばれるサーマクール。お肌の奥深くに、高周波の電気的熱エネルギーを与えることで、コラーゲンの生成を促してお肌を若返らせる効果があります。

サーマクールのメカニズム

お肌に高周波の電気的熱エネルギーを当てることによって、劣化して伸びてしまったコラーゲンなどを加熱して収縮させます。収縮したコラーゲン繊維は、修復するときに新しいコラーゲンが生み出されて置き換えられます。

熱エネルギーによるお肌内部の創傷が治っていく過程で、皮膚組織が収縮することによるリフトアップ効果もあり、その効果は約4~12週間に渡って続きます。

施術方法

サーマクールの施術方法は、エネルギーを出力する機械をお肌に滑らせるように当てて照射していきます。

施術時間は、1回30分ほどになります。施術には熱エネルギーを使いますが、お肌を冷却しながら進めていくので火傷になったりすることはありません。

サーマクールの効果があらわれるまで

サーマクールは、リフトアップ手術とは違って、施術を受けてからおよそ2週間ほどで効果があらわれ始めます。

その後、約3カ月ほどかけてだんだんとリフトアップしていくのを感じられるでしょう。施術の効果がゆっくりとあらわれるので、周囲に気づかれる心配がありません。

たるみ以外の肌悩みにも効果的

サーマクールではお肌そのものを活性化するので、ハリがアップしてたるみが解消されるだけでなく、毛穴が引き締まったり、ニキビやニキビの跡にも改善が見られます。

リフトアップ手術のようにメスを入れることなく、リフトアップ手術に比べると費用も安く済みながらも、高い効果が得られるのがサーマクールのメリットです。

サーマクールのデメリットは、多少の痛みを感じるという点です。クリニックによっては、麻酔テープや麻酔クリームを使用したり、痛みを感じにくい機器を使ったりしますが、痛みの感じ方は人それぞれですので、納得いくまで説明を受けてから施術を受けるようにしてください。