プチ整形で顔のたるみ解消!人気のヒアルロン酸・ボトックス注射

肌に直接注入することで改善する施術

たるみの解消方法として人気なのが、ヒアルロン酸やボトックスの注射による治療です。

ヒアルロン酸注射の特徴
ヒアルロン酸とは、お肌のなかでコラーゲンやエラスチンの隙間に存在し、お肌のみずみずしさを保っている成分です。
たった1gのヒアルロン酸で6Lもの水分を抱え込む保水力があります。お肌のヒアルロン酸は加齢とともに減少し、それによってお肌はみずみずしさを保つことができずに乾燥やお肌の老化、たるみへとつながっていきます。
お肌がたるんだりシワになっているところにヒアルロン酸を直接注射することで、ハリを取り戻してたるみを改善する効果が期待できます。
メリット
注射なので、切開をおこなう手術のように傷跡が残ることはありません。ヒアルロン酸を注射すると、時間をかけて体内に吸収されていくので、効果が半永久的に続くということはありませんが、比較的安全性の高い方法とされています。
デメリット
ヒアルロン酸注射の効果が続く期間は、約半年から1年程度といわれています。この期間は、注入する部位や個人による差が大きいところです。
ボトックス注射の特徴
ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出したたんぱく質のことで、筋肉の動きを鈍くしたり停止させるという作用があります。
ボトックスを注射して表情筋の動きを麻痺させることによって、たるみやシワができにくくなります。また、たるみやシワがピンと伸びるのでハリを感じることができます。
メリット
注射なので、術後に傷跡が残ることはありません。たるみのほかにも、発汗を抑える作用によって多汗症の症状を改善することもできます。ボトックス注射はもともと、顔面神経麻痺などの治療に使われていたものなので、安全性は高いとされています。
デメリット
ボトックス注射の効果は、施術後3日ほどで徐々にあらわれ、4~6カ月くらい続くといわれています。ボトックス注射も、部位や個人によって持続する期間には差があります。