目の下のたるみを解消できるエクササイズ

表情筋と血液、リンパの流れを取り戻すために

数あるたるみのなかでも、顔の印象を大きく左右するのが目の下のたるみです。目の下に筋肉があるというイメージはしにくいのですが、目の下のたるみも表情筋の衰えからきます。

目の下にある表情筋が衰えていくと、脂肪などの皮下組織を支えきれなくなるのです。目の下の表情筋は、多少のエクササイズなら口の周りの筋肉のように筋肉痛を引き起こすことはありません。

目の下がブルドックのような状態になっているとエクササイズではあまり効果が見られないので、そうなる前に目の下の筋肉を鍛えるエクササイズをおこないましょう。

目の下のたるみを防ぐエクササイズ

目の下の表情筋を鍛えるエクササイズは、とてもシンプルです。

  • 1、上のまぶたを手で軽く押さえて動かないようにする。
  • 2、下のまぶただけを使って、5秒ほどかけてウインクのように目を閉じる動作をする。

この2ステップだけです。左右片方づつ、10セット繰り返してください。

目の周りの皮膚はとても薄く、シワになることもあるので、マッサージクリームなどを塗ってからおこなった方が良いでしょう。人は何かを見るとき、どちらか片方の目だけを重点的に使っているといわれていて、利き目と呼ばれています。

このエクササイズをおこなうとき、利き目の方は簡単に、利き目でない方は難しく感じるかもしれません。何日か続けておこなえば、だんだんとスムーズにできるようになるでしょう。

血液とリンパの流れを促す

目の下にたるみとともにクマや盛り上がりがある場合、血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まっている可能性が高くなります。溜まった老廃物をそのまま放っておくと、流れが阻害されることで、目の下のたるみはますます悪化してしまいます。

目の下のたるみと共にクマや盛り上がりがある場合には、マッサージクリームやオイルを塗ってから、やさしい力でゆっくりとマッサージをおこなってください。毎日続けることで、目の周りがワントーン明るくなるでしょう。