たるんだ顔を引き締めるマッサージとエクササイズ

衰えた表情筋を鍛える方法

顔のたるみを解消するには、マッサージやエクササイズも有効です。顔のたるみは、表情筋やお肌のハリの衰えによって引き起こされるので、それらの衰えを防ぐためにも積極的におこないましょう。

顔のマッサージの基本

たるみを防ぐためのマッサージには基本があって、それを守ってマッサージをおこなわなければ、効果がないばかりか、逆効果になることもあります。

マッサージするときには、クリームやオイルなど、指の滑りが良くなるものを塗ってからおこなってください。クリームやオイルを塗らずにマッサージをおこなうと、お肌が引っ張られて伸び、それがたるみになることもあります。

マッサージの途中でクリームやオイルが浸透して滑りが悪くなってきたら、どんどん追加していきましょう。同じ理由から、力の入れ過ぎは禁物です。

強い力でお肌をこすると、皮膚を伸ばしたり、表面を傷つけてしまうことになります。基本は、内側から外側、下から上という動きです。この動きは、リンパの流れに関連していて、重力に逆らうリフトアップも狙えます。

たるみを解消するエクササイズ

顔のたるみを解消するには、エクササイズで表情筋を鍛えるのが有効です。小顔の人が数多く実践しているのが、「あ・い・う・え・お・ベー」体操です。

以下の方法で、毎日2~3セットほどおこなうのがおすすめです。

  • あ:口も目も大きく開いて、息を吐きながら10秒キープ。
  • い:口も目も横に開くイメージで10秒キープ。
  • う:口も目もゆっくりとすぼめて突き出し10秒キープ。
  • え:口は逆三角に開いて、目はパッチリと見開き10秒キープ。
  • お:口も目も縦長に開いて丸め、息を吐きながら10秒キープ。
  • ベー:口を開き、あかんべーのイメージで思い切り舌を出して10秒キープ。

普段あまり使われていない筋肉を使うので、最初はツライかもしれませんが、ムリのない加減で毎日続けてみてください。気長に数カ月続ければ、きっとフェイスラインの印象も変わってきます!