顔のたるみ解消の極意 ※効果抜群の方法だけを厳選公開!

フェイスラインを引き締めるメソッド

筋力の低下や加齢によって肌のハリをもたらすコラーゲン、エラスチンの減少によって、顔はたるんでしまいます。顔のたるみは、年齢よりも老けて見えたり、疲労している様に感じさせるなど、悪いイメージを与えがちです。

肌にハリを与える化粧品や表情筋のトレーニングなどのセルフケアによる改善。エステのフェイシャルや美容外科の治療といった本格的な施術など、その解消法は様々です。当サイトでは、その中でも効果の高い方法を厳選して紹介しています。

顔のたるみ解消に効果的な5つの方法

化粧品によるスキンケア

化粧品によるケアの目的は、加齢によって失われていく肌のハリを支える成分の補給と保湿です。コラーゲンそのものを補うほか、コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体やコエンザイムQ10なども効果の高い成分です。

他にも、エラスチンやヒアルロン酸なども顔のたるみ解消に欠かせないものとなります。多くのアンチエイジング化粧品に配合されているので、肌に合うものを長期的に使うことが大切です。また、肌に浸透しないと効果が半減してしまうので、低分子化されているものを選びましょう。

美顔器

様々な肌トラブルに用いられる美顔器。中でもフェイスラインの引き締めは、美顔器の得意分野となります。毛穴や美白などのトラブルに対しては期待外れだったという声もありますが、こと顔のたるみに対しては多くの人が効果を実感しています。

ハリをもたらす成分を浸透させるイオン導入と、超音波による血行促進やマッサージ効果などの相乗効果によって、顔のたるみを解消できます。

マッサージ・エクササイズ

表情筋の衰えによるたるみに欠かせないのが、マッサージやエクササイズです。顔には普段ほとんど使用しない筋肉がたくさんあるので、ちょっとした動作を繰り返すだけでも引き締めることが出来ます。

ただ、一種の筋トレなので、90日以上は継続しないと、パッと見て分かるほどの、顔のたるみ解消効果は発揮しません。1日5~10分程度で良いので、継続することが肝心です。

フェイシャルエステ

即効性があり、美容外科のように注射やメスを必要としないためリスクがないのがフェイシャルエステの最大の魅力です。1度の施術だけではリフトアップの維持は難しいですが、体験コースを受けるだけでも、十分引き締め効果を実感できると思います。

また、顔のたるみ解消だけでなく、トータルで美顔効果を発揮してくれるので、見た目の印象をかなり若々しく出来るのもメリットとなります。高価な化粧品や美顔器などを買うのと同じぐらいの費用なので、コストパフォーマンスは決して悪くありません。

美容外科による治療

顔のたるみに対して、美容外科でもたくさんの施術が用意されています。高周波を肌の真皮層に送り込み、強力にリフトアップさせる「サーマクール」をはじめ、ヒアルロン酸やボトックス注入といったプチ整形など。メスを使わない施術もあります。

美容外科の魅力はなんと言っても確実に効果を得られることです。リスクの大小、予算に応じて様々な顔のたるみ治療法があるので、セルフケアやフェイシャルエステでは満足できない場合は、検討してみましょう。

肌のハリを支える成分をサプリメントで補助

サプリメントや美容ドリンクを飲むだけで顔のたるみ解消というわけにはいきません。しかし、スキンケアやエクササイズの補助として、肌のハリを支える成分を補うことは有効です。低分子コラーゲンやエラスチン、ビタミンCなどは、特に効果が高いものです。

ただし、サプリメント等をメインにすると、なかなか実感が難しくなると思います。あくまでも補助として、美容やアンチエイジングのために摂取するという気持ちで取り入れましょう。